オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
吉祥寺情報 「北斗星時計店」
北斗星時計店久しぶりの吉祥寺情報。
今回は地味〜な時計屋さん。
ここのポイントは何といっても、昔ながらのとても庶民的な雰囲気です。いかにも細かい機械を扱う職人風のおじいさんがいます。でも、いかつい感じではありませんのでご安心を。
場所はこれも中道通りの奥の方。さびしーいショウウィンドウが目印です。って、この店に用のある人がいるとは思えないのだけど・・・・。情報としては、全くゴミかも。
それでも私は、何度か時計の電池交換とか、ベルトとかでお世話になっています。
意外とベルトは数があったりします。電池交換は大体1200円前後かな。渡されるときに、「中もちょっとクリーニングしといたよ」なんていわれるとうれしくなります。

ちなみにここは新品の時計は売っていません。そこら中に古い時計がおいてありますが、売り物なのか修理の品なのかわかりません。多分高価なアンチークでもないです。

日本では、こういう時計職人はものすごく少なくなっているのだろうな。
ショーウィンドウの裏側が、おじいさんの仕事机。細かいネジや使い込まれた工具がびっしりで、なんだかすごくいい雰囲気です。一度座ってみたい、私はこういうの大好きです。何となく和める味わい、もし時計の電池が切れたらいかがですか?
ちなみにこの店で一番かっこいいのは名前「北斗星時計店」素敵すぎる〜!
宮沢賢治のお話に出てきそうです。
| victor | 吉祥寺情報 | 12:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:18 | - | - |
今回、このページを開き家の親父の店の事が書いてあったから、ちょっとびっくりっす!何故、家の時計屋を、出そうと思ったんですか?息子の俺が言うのもなんだけど家の親父はカッコいいです。
| 息子 | 2004/09/16 8:16 AM |

わお!
ご家族の方ですか!変な紹介で失礼しました。
コメントありがとうございます。うれしいです。

仕事場がお店のすぐそばなんです。
お父さん、本当にかっこいいですよね。
私もファンです。
私もあんな風に歳をとりたいものです。
お店の名前の由来が知りたいです。
| victor | 2004/09/16 9:54 AM |

仕事場が近いんですかー!何か自分の親父(店)がサイト上で話題に上がるなんて不思議な感じでした。そう言えば店の近くにあったたこ焼きやの店長がサイトの事話したと言ってました旧くて小さいけど味の有る店でした皆の記憶に残れば幸いです。
| 荒井仁 | 2005/07/03 12:53 PM |

この度親父の体調が優れない事で『北斗星時計店』閉める事になりました!長い間サイトで紹介して下さいまして本当にありがとうございます!
| 荒井仁 | 2005/07/16 1:03 PM |










http://victor.jugem.cc/trackback/41
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ