オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
爽やかマディ?

「ひっさびさに楽しいことになりそうやなあ〜」と前夜、雷までなるほどしっかり降る雨の下で満願の笑みを浮かべる安さん。
不安におびえる柿400のいちかわさん。
まあ、なるようにしかならないだろうと、なんとも気合いの入らない自分。

写真はあそびにいぐべさんから拝借〜
前夜からがっちり降った雨はスタート時点でも、まだ止まず。誰もが雨のギャロップランドの行方にワクワクだったり、神妙だったり。でも、あくまでY2CROSSはお楽しみ優先。そんなこともあって、なんだか楽しい。私にとってはインネンの雨ギャロップ以来。あの、「どーしようもなさ」を再び体験できるなんて、ちょっとうれしい、そんな気持ちでもあった。

スタートはわりと前の方だったんでスルスルと狭い藪のなかを進み、転けないようにとろとろ進む。もうどこもかしこもヌチャヌチャのツルツル。やはり下りはイヤーな感じ。でも不思議と何とかなる。まわりはオレンジの犬さんとかよちゃんとか、Uさんとか、見知った顔ばかり。後はどこかで詰まったらしく、あまり来ない。ドロドロの登りでオレンジの犬さんについて行ってしまい泥パンチを浴びる、一瞬目の前が真っ暗になってUさんにぶつかりそうになる。ここでひとつやり直し。でも、さすがY2コーステープがちゃんと張っていないので、いくらでも脇の草地にラインがある。そっちを行けばなんてことなし。そんなわけで、ラインさえ選べば、全然問題なし。辛いのは、そういう草地の選択肢がないところ。下って登るところで、よちゃんが待っている。登り先がウッズに隠れて見えない。どうも数台もがいてる模様。何となく横の藪から進入していく、でも木立に阻まれて坂の途中に出てしまう。さすがに途中発進は無理。なのでやっぱり下まで戻ってやり直し。チュルチュルでもKTM200のトルクでぐいぐい進む。とにかくアクセルワークをラフにしないことが一番大事。あとはトラクションのかけ方。

なんだか走っていて、妙に気分がいい。まだ一周もしていないけど、どこも自分で失敗した感がない。「いけるじゃん」というか、「いけない」という気がしない。草原も広くて見晴らしもいいし。もちろんこの最大の理由は、填らないラインばかり選んで走るからなので、ちっともスピードは出ないんだけど、どうせスローペースで進んでいるレースの気配から、慌てる気持ちが全くない。
とろとろ進むと、最後の難関。ここを越えれば周回チェックというところ。ここは前日から話題になるほどみるからに問題アリアリ。すでに深いワダチが刻み込まれているし、数台がもがいている。迂回路もあったけど、やっぱ伝説のレースというからには、ここを迂回するわけにはいかないでしょ。しかし、ギャロップみたいに難所専用のマーシャルがいるわけでも無いし、もがいているバイクに対してちょっと人手が足りない。入り口でしばし悩んだ末に、あそびにいぐべさんが、バイクを引き上げているのを見て、「それもよし」と覚悟を決めてノロノロ突っ込む。もちろん一発で登り切るつもりもなし。はまったところで、すかさず手の空いたあそびにいぐべさんを捕まえて、引き上げを手伝ってもらう。これはなかなか大変でした。斜度もともかく、エンジンかけてタイヤを回すと、どこもかしこも下に埋まるばかり。しかたないのでニュートラに入れて人力のみで一番急なところを引き上げ。ようやく少しゆるくなったところをロープとエンジンで何とか脱出。上がったときはヘロヘロでした。あそびにいぐべさん、本当に感謝です。

ヘロヘロになって登り切ったところで、すでにこの場所はショートカットされたようで、みんな舗装路を押してくる。どうももがいた時間の分だけだいぶ損してしまったようだ。ありゃま。
そんなわけで、レース的にはもうどうでもいいや、という感じになり2周目。
一つめの登りで、また渋滞。ここも上がどうなっているのか先が見えない。正しいラインは登って左に曲がるのだけど、ワダチがいろんな方向に刻み込まれている。どうも混乱の上に登ればOKという感じになっている模様。なんだなあ、と思いつつ、その正しいラインに沿って登っていくと、がっぽりえぐれた深いワダチ。そういうことだったのか・・・、ずっぽり填ってしまう。ここでも運良く禁煙バイクさんがニコニコしているので、引き上げヘルプ。助かった〜

その後のワダチの深い檄下り。林道の入り口から見ると中が暗くてとてもイヤな感じのところに数人溜まっている。みるとY嬢とかkikiさんとかここも知ってる顔ばかり、聞くとまだ一周目だそうだ。とりあえず順番待って自分が抜けたところで助けに行こうとしたら、Y嬢は一人で抜けてきた。「大丈夫?」と聞くと「パドックが恋しいです」とかなり消耗した様子。なので、そこから一緒に行くことに。

例によって出来るだけ草地を使って填らないようにトコトコ進む。しかしキャンバーの横移動のところで、Y嬢のタイヤががっちりと巻き付いたツタにタイヤを決められ停止。これはもう見事なまでにツタがタイヤのブロックとハブを噛み込んでいる。抜けるものは手で抜いて、最後に残ったツタを小さいナイフで切る。島ちゃんが通ったら伝説ののこぎりを貸してもらおうと思っていたら、ちょうど島ちゃん登場。しかし、難キャンバーに目がいってしまっている島ちゃんは、手を振る私をちらりとも見ずに通過。まあ、いいかとシコシコナイフでツタを切る。そこにkikiさんも合流して、こんどは3人でスタート。

藪のなかをこいだり、草地を乗り越えて、トコトコ進む。難しい登りも二人ともラインを選べばちゃんと登ってくる。いつもはカットビで消えていくへ〜さんも奥様のサポート。なんだかそんな感じなんだな、とゆっくり進むと、何台か固まっている場所に。芋おやじさんもいて、どうやらレースは2時間で終了とのこと。
ここでY嬢とkikiさんは舗装路使ってパドックへ。
私はそのままコースを使って先に進む。もう難所という場所は全てショートカットされているので、填るところも無し。草草ラインはいくらでもあるし、のほほんと景色を見ながら走っていたらチェッカーフラッグ。げ?そうだ忘れていた。チェッカー受けたらタヌキのワナが?

パドックに戻ると、みんな弾けんばかりの笑顔。そこかしこで「楽しかった」と歓談が繰り広げられる。はまるとそれなりに苦労はするけど、Y2ならではの助け合いもあるし、なにしろほとんどの人が周回している。ある意味、伝説の04ギャロップのような悲劇ではなかったことは確か。時間も短縮になってしまったし。
自分としては、ちょっと走り足りないほどなごやかに終了。

これがギャロップのようにきっちりコーステープが貼ってあれば、草草ラインが使い放題という今回のようなわけにはいかないし、きっちりドロドロのキャンバーと勝負しなけりゃいけないんだろうけど、それでもラインを見れば必ずいけるところはあるはずだと、そういう気持ちは収穫だなと思う。
インネンの、とは自分でも思うけど、結果的はそういうレースにはならなかった。タヌキにもならなっかたし、ドロドロの割には、なんだか爽やかな一日でした。
| victor | KTM 200EXC | 17:59 | comments(11) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:59 | - | - |
日曜日はお疲れ様でした。
俺は昨日の夜から全身筋肉痛です。
Y2ならではの楽しさがあり、辛かったけどいい経験が出来ました(^0^)
タヌキだとしても、スタートしたからにはチェッカー受けないと面白くないですよね。’04ギャロップのFUNクラスはリザルトに名前が載らなかった(うちのお母ちゃんも)人が結構居たので、頑張って「出し方」しました。
でも、Victorさんは今回の幻になりそうな伝説を経験出来た貴重な数名の中の一人ですね。
また24日も宜しくお願いします。
| あそびにいぐべ | 2007/06/11 9:44 PM |

Y2お疲れ様でした。
流石雨の川内恐るべし・・・でもマディで爽やかとわVictorさん流石です!私は久々のマディを楽しみに、レースの準備も万全!単車もトランポに載せ、いざ決戦の場川内へ進軍!という時に急遽仕事が・・・何とタイミングの悪いことか・・・ブログを読むと何か楽しそう、いや楽しかったに違いない!う〜私も走りたかったな〜
| S根 | 2007/06/11 11:45 PM |

おつかれさまでした&お世話になりました。ありがとうございます。
僕も良い練習になりましたよ〜 楽しかったですね〜!
会場でお話したいことがあったんですがマッタリしすぎて忘れてました。
WOMEN'S Xの事務局のメアドにメールをしましたのでお手数かけますがご確認おねがいします。
| 禁煙ばいく | 2007/06/12 1:18 AM |

いつぞやは「victorさん(他人を)助けすぎ!」などと申し上げまして大変失礼致しました。私が間違ってましたw これからもそんなカンジでよろしくお願いします。私もたまには人助けします。。。
| 姫丸 | 2007/06/12 12:14 PM |

あそびにいぐべさん
確かにあそこは一番の難所でしたからね。
あそびにいぐべさんがいてくれたから、やってみるかという気にもなりました。引き上げありがとうございました。
24日はおかあちゃんに弾けてもらいましょう!

S根さん
爽やかだったのは、コテンパンにやられる前にレースモードじゃなくなって遊んでいたからですね。まだまだ真剣にあのコースで攻めた走りなんて出来ません。
でも、お仕事残念でしたね!
来てたらきっと最高の笑顔でしたよ。

禁煙バイクさん
引き抜き助かりました〜
ああいうところでヘルプしてもらうと、ほんとうれしいです。
メール読みましたよ〜

姫丸さん
あそびに坂を越えた時点で、レース的にはもうグダグダな感じがしたのであとはのんびり楽しんでいました。
姫丸さんは、いつもの勢いでビヤーっとかっとんでいればいいのです。みんなそっちを期待してるんだから。

| victor | 2007/06/12 1:15 PM |

すばらしい人だ、victorさんは。と毎周見かける度に思ってましたよ。
Y嬢本人はもちろんのこと、マディ走行が初めてのY嬢のことを心配していた多数の人、みんながvictorさんがサポートしてくれてるのを見て安心して自分のレースに集中出来たことでしょう。
新たに始める人、始めたばかりの人の面倒をみて、後進を育てる必要が有るとは常々思っているのですが、自分が楽しむ方が優先してしまって出来ないものです。
ほんと、ダースペのメンバーには、見習うべきところが多く、影響を受けます。
そうそう、よちゃんも同じくすばらしい。
| SHING | 2007/06/13 1:50 PM |

なんか恐縮です・・・

最初からレースモードではなくって、ファンライダーだから、こんな時は楽しく遊べればそれでいいんです。

居酒屋よちゃんには、ほんと頭が下がります。
おかげでいつもパドックには美味しいものがいっぱい。
素晴らしいことです!
| victor | 2007/06/13 6:12 PM |

victorさんのお陰で、とっても楽しかったです!!!
ヨロヨロ走っているわたしに、声かけてくださって、引率してくださってホント心強かったです〜
ありがとうございました♪
もうすぐ、women'sX、すごくすご〜く楽しみです♪♪♪
| kiki | 2007/06/16 12:17 AM |

転けてもいい笑顔で笑ってましたね。
KTMもだんだん慣れてきたようだし。
しかし、あのバイクはいいなあ。

WOMEN'S X楽しみですね〜
| victor | 2007/06/17 12:31 AM |

victorさん、今頃コメントですみません。
Y2の時は、XR100でお世話になりました!(いつもデスケド)
レース中は、ほぼ一人ぼっちで轍でカメ。
何回登っても、制覇できずそのうち、
マーシャルも誰も来なくなったヒルクライム。
ズルしてショートカットしたつもりが、戻ってたり。
迷子になって、リタイヤしようと道路を押していたら、
主催者さんに出会い、登れないとこまでに連れて戻してもらい・・・
終わってみたら、2週してたみたいで、とても成長出来た感じのした楽しいレースでした(^^)/
雨もいいもんですなぁ〜!?(笑)
次は3週するぞぉぉ〜〜!!
| ねぎし | 2007/06/21 12:57 PM |

ねぎしさん

放置してしまってすみません・・・
すでに記憶の彼方になりつつある雨の川内。
Y2らしいなんだか、ほのぼのとした泥んこレースでしたね。

雨もいいって、すごい!
どんどん深みにはまっていきますよ!
| victor | 2007/07/03 6:55 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ