オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Enough

乗らないと更新しないペースで、2週間乗らなかったものだから、すっかりご無沙汰でした。
しかし2週間(週末2回)乗らないなんて、去年ヒザを痛めたとき以来かも。
怒濤の連ちゃんだったので、まあたまにはいいでしょう。

で、ようやく日曜日は乗りました。
新しい仲間も合流したりで、結構人数も集まって楽しかったなあ。

(写真はモンスク終了後のチーズナッツパーク)
オフロードの右も左もわからない連中が集まって、ほんの数年。ウチらもいつの間にかいっぱしのチームぽくなってきたような気がするけど、実際そんなこと誰も気にしていない。ただ、遊ぼうっていうときに、ベースになる連中がいるっていうのは最高だね。
気がつくと、ほんの数年間の間に、すいぶんいろんな人と出会って、いろんな経験をしてきたような気がする。そういうことも、ひとりでは出来ないことばかりだ。

新しく参加してくれた人と話をして思うことは、自分達もそういう出会いが、いろんな楽しさを拡げてくれたんだよなってコト。そして輪はまだまだ拡がっているんだなっていう実感。それも素晴らしいことだと思う。
ウチらはまだまだひよっこなので、教えてあげられることは少ないけれど、一緒に遊んでいくことならばいくらでも出来る。だから、いつだって誰にとっても手を広げていきたいよね。と思った。

しかし練習会とはいっても、ああいうコースに行くとみんなてんでバラバラ。
のんびりマイペース派もいれば、修行モード派もいる。私はいつだって前者だけど。
そういうバリエーションがいっぱいあるというのも大事なことだと思う。ひとりの人間がオフロードバイクを通じてどう生きていくのかなんてことは、誰かが強制して決めるべきコトじゃない。それこそ一番大切な自由だと思う。レース以上に自分を追い込んでる姿を見て、みんな「よくやるなあ〜」と気軽に流している。でも心の中では「えらいなあ」と思っていたり、ちょっとぐらいは「自分もやるか」と思ったりもする。それはそれですごくいいことだ。でも、当人を含め、だれも「やらなきゃイケナイ」とは言わない。イイ意味で体育会系のノリがない。もっとも最近追い込み系の流行は「今日は2コスゲいったかな?」とか「まだ1コスゲできてないよ」ってワケわからないけど。

ともかく、そういうひとりひとりの取り組み方の違いをきちんと乗り越えて、お互い認め合って付き合っていけるというのはなかなかオトナだと思う。
練習中にわからないことや、うまくいかないことがあると、すぐに誰かが加わって、いつのまにかミニスクールがあちこちで開催されたり、いつのまにかタンク外してセッティング教室になったり、バイク馬鹿ならではのマヌケな話に花が咲くのもやっぱり楽しい。

散々汗かいて、日が暮れたらおきまりはまず温泉。オフロードバイクが走るようなところは、大抵近くに温泉がある。その後のご飯は、これもなぜか焼肉だ。肉がスキっていうのもあるんだろうけど、やっぱりあの雰囲気がいいんだろうな。

そうやって日が暮れるまでバイクに乗ること、それを通じて遊ぶこと、それはメンタルにもフィジカルにも気持ちのいい一日になることは間違いない。
実をいうと、心の中にすこしだけくすぶっていたレースモードがすっかり消えてしまって、自分でもちょっととまどっていたんだけど、やはりこういう休日を過ごすことが、一番楽しいんだなあって実感した一日でした。
| victor | KTM 200EXC | 16:34 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:34 | - | - |
エンデューロというのものに踏み入れて少し経った頃に「ノリ」の違いに嫌になった事がありました。
離れかけたところでダースペ結成?に参加できエンデューロ(いや、オフロードかな?)の素晴らしさを思い知る事ができました。
と、いうと堅苦しいですが、理解しあう仲間というのがいるといいですよね。スタイルっていうのは人それぞれだから間違った事をしなければいいでしょうし、その間違った事をした時に話せる環境とか・・・ま、色々とありますが、おかげさまでオフロードをやめる気はさらさらありません(笑)
| yas | 2007/06/06 12:25 AM |

いろんな人が集まると、何かと面倒も増えそうなものですが、意外とそういうことがないよね。
むしろ、どんどん輪が拡がっていくことが楽しい。

なかなか土日休みが合わないけど、また一緒に遊びましょう!
| victor | 2007/06/06 11:55 AM |

僕はバイクに乗るときはいつも「選手」として乗ります。

中学からサッカー部の朝連で10tトラックのタイヤを引く練習を吐くまでやってました。目標を10周と決めたら必ず11周。
学校も勉強も大っキライで悪いことばっかりしてた僕が打ち込めるのはサッカーしかありませんでした。

今週末も関西からお客さんが来ます。
目標は15コスゲです。
| コス | 2007/06/06 6:14 PM |

コスさん

コスさんのその熱気があちこちに拡がっています。
ほんと、素晴らしいです。
でも見習えません。
そういうヘタレなんです。
でも・・・

15コスゲですか・・・
すごそう・・・
| victor | 2007/06/07 5:55 PM |

>コスさんのその熱気があちこちに拡がっています。
>ほんと、素晴らしいです。
>でも見習えません。
>そういうヘタレなんです。
同感です。
>そういうひとりひとりの取り組み方の違いをきちんと乗り越えて、お互い認め合って付き合っていけるというのはなかなかオトナだと思う。
エンデューロっていいですね。
週末の天気微妙ですが、宜しくお願いします。
| あそびにいぐべ | 2007/06/08 2:05 PM |

こちらこそ、週末はお世話になりました!
| victor | 2007/06/11 7:08 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ