オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
意味不明

最近都内を走るタクシーの、ほとんど全部、リアトランクあたり張ってあるこのステッカー。
すでに皆さんもご存じでしょう。

意味がわかりません・・・

オートバイに対する世間の意識なんて、実はまだこんなものなんでしょうね。
このステッカーを貼ることで、いったいどんな注意を促したいのか、何を未然に防ぎたいのか、誰に向かっていっているのか、全くわかりません。
こういうのって、お役所が時々ハンディキャップのある人々やマイノリティーに対し、まったくなんの配慮もなく発言したり、差別したりするのと全く同じだと思うのですが。
発行は警視庁のようだし、このためにいったいどれほどの予算がかけられたのか知るよしもないですが。

あんまり時事問題について書きたくはないですが、先日発表になった三宅島での公道を使ったレースの開催。
これだって島民の帰島が完了していない現状、目的は三宅島の復興というお題目があってのこと。そして、復興という大義名分があれば、そこに公費がつぎ込まれ、利権が発生する。むしろ復興をメインに謳わない限り、いったいどこで誰が儲ける話になるのか、かえって見えづらい。そして、ニュース性が先行し、知事のネームバリューばかりが大きくなる。石原知事が再出馬するのかどうか知らないけれど、そういうこともあるのではと思わずにはいられない。つまり、これはオートバイのレースという名をかたった政治の話であり、カネの話なのは明らかだ。

オートバイは一歩間違えば、すぐに問題児扱い。その現状は全く変わらない。
環境問題や安全、利便コストなどを考えれば、合理性のないこの乗物に勝ち目はない。
それはわかっている。

オートバイ乗りの中には、三宅島の公道レースを、日本のマン島レースのように伝統的な物にしていきたいという希望は大きいと思う。でも、そのためにはオートバイ業界やレース界、そしてユーザーや観客などが積極的に働かないと難しいと思う。そういう意味では私だって応援したいし、期待している。でも、今のままでは東京都という官主導であって、そういう器は見えてこない。
彼らが、排ガスや安全性などの問題に、他方面から追求を受けたときに、どこまでこのレースを文化的に成立させられるのかは、全く持って疑問のままだ。今は復興という名の下に動く、膨大なカネが、そういった意見を押し込めているに過ぎないのだと思う。

まだまだ考えなくてはいけないことがいっぱいありますね。

たとえばこんなにメディアが注目する状況で、三宅島でエンデューロが開催されたりしようものなら、貴重な自然の中をオフロードバイクが蹂躙する姿がテレビや一般紙に載った瞬間、どんな反響がやってくるのか、考えると空恐ろしい。
いきなり官主導で、オートバイの抱えている問題は、一気に解決することなど有り得ないと思う。
オートバイがただのホビーやレジャーというだけでなく、文化としてスポーツとして、豊かで誇り高い物であるということを、きちんと訴え、理解を得る方法を探していかないと、いきなりこんなステッカーが貼られたりしてしまうのだと思う。

環境、特に最近は排ガスの問題から、いろいろキナ臭い話が持ち上がる中、うつむいたり、開き直っているばかりじゃ、いよいよバイクを取り上げられる日だってあり得ることを忘れてはいけないと思う。
あ、ガラにもなくなんか堅苦しくなってしまった・・・失礼しました。
| victor | 風に吹かれて | 14:08 | comments(15) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:08 | - | - |
俺も見るたびムカついていますよ! お前らが注意しろ、と。

三宅島レースがオートバイってもんを日本からなくすための大きな落とし穴だったら! がくがく。陰謀だ……。
| ホッパー | 2006/12/26 5:48 PM |

やー、ホッパーさんもそう感じていましたか。
ですよね。

三宅島レース、まだまだ見えないところがいっぱいなので、いろんな人のがんばりに期待しましょう!
| victor | 2006/12/26 9:08 PM |

あいかわらずですね・・・^^;

タクシーの急停車という要因がでかいとは思うけど
すり抜け中のバイクの追突事故ってかなりの件数ですよね
そうなれば、追突する側に非があるというのが道路交通法だし
しかも、完全後続で追突するケースの方が少ないから
「バイクの危険な運転」ということで
防止策の一環でステッカーが刷られ、貼られ、僕ら(バイク乗り)が目にする、と。

本当の差別の撤回を望むなら、もう少しバイアスのかかってない物の見方が必要じゃないですか?

実際こうしてバイク乗りのサイトで腹を立ててる人は
タクシーに突っ込むような事故は(意地でも)避けるでしょうから
結果、抑止力として有効なわけですよ(笑)

バイクがタクシーに突っ込めば、ライダーは下手すりゃ死ぬんです

僕は死んだり大怪我したりするライダーが減るならば
多少不愉快なステッカーくらい公費で作られても気にしません

「共存する」ってコトに関してもう少し考えましょうよ^^
| KG | 2006/12/26 9:41 PM |

うーん、ゴメン・・・
KGさんの理論は、私にはよくわからないや・・・

まあ、タクシーの急停車が原因で、追突事故が多いっていうことへの警告ならば、明快にライダーに向けて「急停車するかもしれないので、バイク乗っている人は気をつけましょう」って書くべきだと思うし、その事故の性質を考えると、本来、注意を促すべきはライダーじゃなくて、ドライバーの方なんじゃないかと思いました。

私も共存を強く望んでいるんです。
だから、こういうオートバイをめぐる曖昧な、そしてライダーから見ると疎外感を生んでしまう不用意な出来事につい反応してしまうんですね。

あ、それと三宅島でのレースについては、ちょっとネガティブに書いてしまったけど、これがきっかけで、いい方向へ進んで欲しいとも思っています。
| victor | 2006/12/26 10:06 PM |

二輪車事故!多発 → 注意オートバイ

って、理論だとか説明だとか必要なのかな・・・

それは少し過剰反応だと思うよ・・・
少しでもケチつけられるの嫌ということならごめんなさいね^^;
| | 2006/12/26 10:41 PM |

ケチつけられたとは思ってませんよ。
KGさん(ですよね)

頂いたコメントを読んでも、故に安全と共存のためにこのステッカーは必要であるという結論には至らなかったのですよ。
私にはそこまで深読みする能力がありませんでした。

まあ、正直言って過剰反応は私じゃないと思うけど。
| victor | 2006/12/26 10:53 PM |

あのステッカーの意図って、あのステッカーが見れる運転手(二輪、四輪を含む)向けなのかと思ってました。
あまり文字数が多くても運転中は読み切れないんで、「オートバイ注意」ってなったような気がします。
四輪の人は「オートバイに注意」って読めば良いし、二輪の人は「オートバイは四輪に注意」って読めば良い気がします。

客取りで急停車するタクシーが居る中、すり抜けしたりすのはそれなりにリスクのあるって事を知らないライダーも多いし、逆に二輪特有のすり抜けして走るって事をちゃんと理解(注意してないと危ない)していないドライバーだって居るし。

| K井 | 2006/12/27 12:59 PM |

公費かどうかという点でいえば(社)旅客でんでんとあるので、タクシーやバス会社からの出資で作られた、もしくは作らされたものでしょう。なので、タクシー側の視点でバイクつっこんでくるなよ的な表現も仕方ないかな。
まあ、このステッカーの背景には、そんなに深い意味はないのではと思います。社団法人として何か活動しなければならない>バイクを巻き込んだタクシー事故が多い>ステッカーでもトランクの後に貼って注意を即すかぐらいの発想でしょう。
効果があると思ってるのは、発案した現場から遠い人で、ドライバーは逆にこのステッカーのせいでバイクにバンバンあおられたり、無用な怒りをかって嫌だったりして…。
| SHING | 2006/12/27 3:29 PM |

K井さん
SHINGさん
コメントありがとうございます。

オートバイとタクシーの事故がどの程度多いのか全くわからないのですが、タクシー業界からしてみると無視できない問題なんでしょうね。最近のタクシーは事故に備えて常時ビデオカメラを回しているという話も聞きますし、そういう防衛策の一環なのでしょうか。

たぶんSHINGさんがおっしゃるように、このステッカーがそれほど真剣に効果を考えられて作られていないことが一番大きい問題なのだと思うのです。どうせ作るなら、もっと効果的な文言やデザインにしてくれれば、私のように想像力の欠けている人間にも理解しやすいのだと思います。
そういう配慮が欠けていると、メッセージが届かないばかりか、つまらない誤解を生んでしまうんだと思うんです。

個人的にはタクシーにしろ、4輪車との事故は、オートバイが勝手に突っ込んでくるというよりも、巻き込まれるケースの方が多いような気がします。であれば、この位置に貼るステッカーは、オートバイのライダー向けというよりは、きちんと自動車のドライバー向けに「オートバイに注意して運転しましょう」という警告をわかりやすく発して欲しいものだと思います。

みなさん読み込みが深いなと思うのは、長くオートバイに乗って、安全も危険も様々なケースを承知しているからでしょうね。私のような未熟者は・・・
| victor | 2006/12/27 5:48 PM |

忘年会おつかれさまでした!

はっ。なんかたくさんコメントが……。

あー、ボクは誰に向けられてるとか、バイクと車の事故はどっちが注意すべきだ、とか全然考えてなかったやー。

ボクは単純にタクシーが嫌いなんですよ。ただそれだけ。ぐへへ。
| ホッパー | 2006/12/28 12:26 AM |

忘年会お疲れ様でした〜

げ。先に帰ったはずのオイラがホッパーさんより30分も遅れて帰宅かよ。
だから田舎は…
お会いできて良かったッス。またよろしくお願いいたします〜>ホッパーさん

タクシーに関しては、ねぇ。
いずれにせよ近づかないのがベストっすね。
相手は専門の事故処理係まで雇っている連中ですから、かないませんわん。
| とらきち | 2006/12/28 1:10 AM |

忘年会お疲れ様でした!


いろいろな見方がありますねぇ〜
なにも考えてなかった者としては、参考になります。
いろんな角度から見ないと気が付かないこと、いっぱいありますね。
| ○□ | 2006/12/28 1:21 AM |

皆さん、夜分にどうも。
お疲れ様です。

自分としては、あんまり都心を走らないせいか、タクシーはそれほど脅威には思っていないです。一番怖いのはトラックかな?
タクシーはもう少し安くして欲しいとは思う。滅多に乗らないけど。

混合交通という状況で、誰かが一方的に悪であるということは、あり得ないと思うんです。混雑したりすれば、とかくイライラは他者に向かってしまいがちだけど、いきなり頭ごなしに文句いわれれば、誰だって面白くはないですよね。
私も今回は、ちょっと堅苦しくなりすぎてますけど、要はそういう全体的なコミュニケーション能力だったり、ちょっとしたユーモアが大事なんじゃないかと。
警告とか注意とかのその先に、安全とか共生とかを見据えていないと、ついつい言葉が上滑りしたり、角が立つものですよね。
ユーモア、ユーモア・・・
| victor | 2006/12/28 1:41 AM |

こんなもんなんの意味もない!
金の無駄使いだ!
街の美観を損ねている!
文化的損失だ!って
声を大にして言うべきだと
わたしゃ思ってます。

タクシーを全部かっこよくすれば
東京の街も、もっとかっこよい街になるのに。
ってのは、全然、論旨がズレてます?
街に張ってある標語類には
全てに敵意を持ってます。
広告なら全然OKだと思うんですがね。
(都バスの広告はいい感じだと思うよ)
PRする主体の気合が入ってないものは
完成度が低くて許せん!

遅ればせながら、語ってみたりして…

タクシー対バイクの確執については
これはもう、宿命みたいなもんだから
仕方ないですな。
タクシーは見たら分かるんで(当たり前か)
それでライダー側から気をつければいいから
ライダーの敵というなら、気を付けやすい
とも思います。
昔(学生時代)、プレスのバイトをしてたころ
さんざん、タクシーのドアやサイドミラーを蹴飛ばして
幅寄せから回避して、そう結論つけました。

それはそうと
勝浦は、ありがとうございました。

| ちばてつ | 2007/01/04 10:27 PM |

俺もライダーであり、公共のための運転を職業にする者の1人なのだが、あのステッカーを見て、ハンディキャップを持つ人やマイノリティ、差別等を表現するのは随分と筋合いが違うのではないだろうか?1枚何円もしないあのステッカーで二輪車の事故が減り、大切な命が1人でも救われればどれだけ役にたっているかが解るだろう。卑屈な発想をする前に、交通マナーやルールを守るべきではないだろうか?最近では大型2輪免許も金で買える時代になってしまい、マナーもプライドも無くなってしまったライダーが増えている気がする。
| | 2009/08/29 10:29 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ