オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
SUGO 2DAYS
SUGO 2DAYSが近づいてきて、なんだか気ぜわしい。走るわけではないんだけど。
みんなの緊張感が何となく伝わってくる。走る人、みんなそれぞれ、精一杯がんばってほしい。
コース脇で応援してます。
ISDEにならった、国際的なON TIME形式のレース。参加者のレベルも明らかに中級者以上と、始めからくくられている。誰でも気軽に参加のレースじゃない。
「エンデューロは自分との戦い」
まさにそのもの。
そして天気予報は、見事に暗雲立ちこめている。

こうでなくちゃと
負けてなるものかと
握り拳に力のはいる人々の姿が、ありありと目に浮かぶ。

マシンは最後まで持つのか?
やり残したことはないか?
誰だって、そんな不安でいっぱいのはず。

エンデューロの勝者は、トップでチェッカーフラッグを受けた人だけじゃない。
完走することも、たとえそれがかなわなくても、精一杯戦い抜いたといえるのなら、それは立派な勲章だと思う。
なんだろう、今回は自分が走らないから、余計そんなことばかり考えてしまう。

きっと素晴らしいレースになると思う。
そして壮絶な戦いになると思う。
みんな歯を食いしばって、絶壁にアタックし、ワダチにもがいて、坂を転がり落ちるんだ。

でも、エンデューロライダーはそんな戦いの後、どんなにズタズタに打ちのめされたって、きっといつもの笑顔を見せてくれるはず。
それはもう、めちゃめちゃ輝いてるはずなんだよね。

ホントに、みんながんばれ!
| victor | 風に吹かれて | 13:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:37 | - | - |
けっこうマジになって感動しながら読み進めていたんですが、「みんな歯を食いしばって、絶壁にアタックし、ワダチにもがいて、坂を転がり落ちるんだ」で不覚にも笑ってしまいました。うん、転がり落ちるね、確実に。「坂を転がり落ちる自分」の想像図があまりにも鮮明すぎて笑っちゃった。だってSUGOの下りってばめっちゃ滑るんだもーん(笑)・・・笑い事じゃないんだけどね。

victorさんの想像に該当するのは、エントラントのごく一部だけのはずです。。。が、今年は雨っぽいから、想像が当たちゃうかもね〜(笑)・・・再び、笑い事じゃないんだけど。

ちゃんとプレス申請することですし(?)、ここオートバイ少女に、victorさんの目から見たSUGO 2daysを、ばっちり報告してね♪ 当日はよろしくお願いします!
| 姫丸 | 2006/04/13 6:01 PM |

観戦マップを見ながら、勝手に緊張感が募る日々です。
見るだけなのに。

あちこち覗いていると、みんな力はいっていますよね。
素晴らしい。
そして、ああいう本格的なエンデューロレースが開催されるんですね。ホント、ワクワクドキドキです。

天気、良くはないけど、2日間どしゃ降りってほどに最悪でもなさそう。
なによりも膝だけは、注意してくださいね。

それでは、もろもろお願いいたします!
| victor | 2006/04/13 6:22 PM |










http://victor.jugem.cc/trackback/334
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ