オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
乗らないことで悩みはつのる

KTMがやってきて以来、我が家の狭い敷地に6台のバイクがひしめくことになってしまった。
今年はエンデューロにのめり込むことで、すっかり旧車の方は出番がなかった。片隅でうっすら埃をかぶったままのオートバイ達を見ていると、ものすごくすまない気持ちにさせられます。
いっそ、売却を考えようかと思いました。でも、どれを手放すのか判断が付かない。悩んだあげくCL72のレストアの師匠に相談してみました。すると、もう少しゆっくり楽しめばいい、とのお言葉をいただいた。
乗ってやれない、整備も滞っている。そんな自分のマイナスな気持ちをなだめてもらって、とりあえず手放すのは今じゃないと考え直しました。

旧車とのつき合いは、出来れば毎日でも乗ってやりたいと、常々思うのだけど、今の自分にはそれが出来ない。自分はコレクターじゃないと思うので、バイクを乗らずにしまっておくということに、やりきれない気持ちが沸いてくるのを止めることが出来ないのです。
通勤にでも引っ張り出せばいいのだけど、しばらく眠っているマシンを起こすとなると、そのための整備もしなくてはいけない。どのマシンも致命的な欠陥はないのだけど、快適に乗ってやるには、何かしろ手を加える部分があるのが旧車ならでは。気になるところは時々整備したりしているつもりでも、完璧とまではなかなか出来ない。もう少しやってあげられれば・・・そのわずかな時間を、自分が用意できない。毎日の通勤に活躍しているハンターカブは、そんな重い気分を全く感じさせないのでついつい楽な方に逃げてしまう。
でもどんなに言葉を尽くしたって乗ってやれない理由なんて、自分の、自分に対する言い訳にしかなっていないことに、自分自身が一番気づいている。
そしてだんだん、日々のバイクライフの中で旧車にたいして気持ちが少しずつ遠ざかっているのも気がついている。

でも、とりあえず今は維持しようと思っています。
とりあえず今まで通り、少しづつでも整備したり手を加えながら。

来年も今年とたいして状況は変わらないと思う。
やっぱり旧車達、特にBSAやCL72の出番はあんまりなさそう。
それはもう分かり切ったことなのだから、乗ってあげられないことで募ってしまうマイナスの気持ちに負けないで、彼らの存在を、自分の気持ちの中で重荷にしたりしないよう、もっとゆったりとした気持ちで付き合っていきたいものです。なかなか難しそうですが。

しかし今一番悩んでいるのは、実はついこの前まで自分のメインレーサーだったCRF230Fだったりもします。
今はまだ、全然乗れていないKTMに少しでも慣れるため、できるだけこのバイクには乗らないようにしようと思っている。今乗ったらきっと、楽ちんに思えてKTMに乗れなくなってしまうんじゃないかという気がするから。
だからといって、私をダートに連れ出してくれたこのオートバイは、やはり自分の中ではエポックな存在。愛着というより、いろんな感謝がこもっている。なので、おいそれとお金に変換するという気にもなれない。でも、このままだと確実に乗ってやる機会は激減するだろうなあ・・・

もし、自分の気持ちも引き継いで、一緒に遊んでくれる人ならば、そういう人にならば、委ねてあげてもいいのかもしれない。そんなことを考えていいんじゃないかとも思います。でもそんな都合良くは行かないだろうし、バイクに想いを重ねすぎるのも考え物だとも思う。
なんにしても、乗らないバイクも維持するにはお金もかかるし、手間もかかるし、気持ちも必要なのです。
でも、置き場問題はホントにどうにかしないとなあ・・・
| victor | HONDA CL72 | 19:21 | comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:21 | - | - |
お久しぶりです。
古いバイクは詳しくないんですけど、写真のバイク、かっこいいですね〜〜!!
CRFは最近出動へりましたか〜。じゅる、っとヨダレが出てしまいそうですけど、中古にしろ新車にしろ我が家でCRF230を買ったとしたら230が3台に!
どれだけ230がすきなんだよっ!って感じですよね。
まあ実際に愛しちゃってるんですけど〜。
ああ、KTMうらやましいです・・・・・
| きらくや。 | 2005/12/27 10:32 PM |

きしい(CRF230Fオーナー)です。

綺麗なCL72ですねぇ。
自分も高校生一年時に放置されていたCB72を譲ってもらって
こつこつ直して乗っていました。
高校三年の夏休みに北海道ツーリングに72で行ったのは、今でも
良い想い出です。

友人がCRF230Fを探しております。
もし手放す事があれば声を掛けて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

PS
CLのエンジンはタイプ気任垢?
昔乗ってた自分の72はタイプ兇世辰燭鵑
タイプ気脇瓦譴任靴拭
| K井 | 2005/12/27 11:40 PM |

 お久しぶりです(CORSAの予約、間に合いませんでした(謝))。
 ワタシの場合は、1年に一度でも10年に一度でもそのオートバイに乗りたい!と思える日があればそれは持ってよし...なオートバイだと正当化(笑)するようにしています。
 それでもどうしても“手放す”ことを考えなければならなくて仲間内で乗ってくれる人がいるなら「乗らなくなって売却を考えるのなら、一番先に声かけてね」と“里子”に出すようにしています。そんな里子に出たままのワタシのオートバイも何台かいます。

 道はいっぱいありますけど、一番肝心なのは“スタート地点”をしっかり憶えていることで、それを憶えてさえいればそこから続く道はすべてゴールへ続く道なんではないかと。どんなゴールかはわかりませんけど。
| やへー | 2005/12/28 3:10 AM |

>きらくやさん
写真のバイクは1967年のHONDA CL72 Dream Super Sports Type1です。
そうそう、230はいいですよね〜
特にCRF230Fは、いわゆる公道トレールとは確実に違って、純粋なオフロードバイクですからね。私のような初心者にとって、これほど取っつきやすく、バランスの取れた車両は他にないと思います。名車のひとつだと思いますよ。

>きしいさん
ダースペ内では、トレッキング界のドギー・ランプキンの異名を誇る名手にお越し頂いて光栄の至りです!
ストラーダではいつもすれ違いで、お会いすることが出来なくて残念です。

CB72に乗っていたんですか!それはちょっと意外。CRF230Fといい、72といい、不思議な接点があるものですね。私のCLはタイプ1です。でもCBのタイプ1とはやはりギヤ比などが違うようで、高速走行はさほど得意ではないです。CBは平然と100km/hオーバーで巡航できるようですが、CLだとそのぐらいのスピードになる前に、おしりがかゆくなるような振動が出てきたりします。

CRF230Fも、いまのところまだ手放す決心がつかないので、もうしばらく私のところに置いておこうと思っています。

>やへーさん
ほんと旧車の維持って、いろいろありますよね。
今回は柄にもないマシンを購入したこともあって、今までの愛車達が何となく重荷に感じてしまったりもしました。でも、もうしばらくこのまま付き合っていこうかなと思っています。修理したりレストアしたり、今の状態になるまでにいろいろ苦労もあったし、自分の一部みたいに感じるマシン達なので。
最初のスタート地点、いいですね、それ。忘れないようにしたいものです。
| victor | 2005/12/28 3:34 PM |

VICTORさん、凄いの持ってるよね。私の兄が高校時代に
乗ってたな。
確かあれは、ビートルズが日本に来た頃か。しかし、
バイクが何台
も置けるとは、羨ましいです。ウチは1台しか無理なんで、
ガレージに預け
てます。まあ、使い方にもよりますが、この手のバイクは
乗りたい時に
乗って、あとはしまって置いても良いのかも。反対に、
KTMとかは、
乗ってなんぼのイヤーモデルなんで、しまっとくのは
勿体無いで
すね。また、よろしく。

| ぜぶら | 2005/12/28 8:54 PM |

タイプ気任垢!良いですねぇ。

ぢつは不思議な接点は、まだあってCT110ハンターカブ、
エルシノア(MT125ですが)、空冷DT125にも乗って
おりました。

CB72も買った当時で、15年モノくらいの中古車だったんで
スピードは出なかったです。
100km巡航がやっとって感じでした。

よろしくです。

| K井 | 2005/12/28 11:51 PM |

>ぜぶらさん
置き場所問題は、これといって解決策もないまま、なんとか収まっているという状態です。まあ、こればかりは東京に住んでいるといかんともしがたいですよね。
KTMは、少しでも時間をつくって乗らなければと思っています。
ほんと、こればかりは乗ってナンボなんですよね〜

>K井さん
すごいかぶりようですね〜

タイプ2のほうが実際には走りやすくていいという人もいるし、CLならそっちの方がいいのかなあなどと思ったりもします。CBだったら間違いなくタイプ1を選ぶと思うんですが。

これも何かの縁なので、これからもよろしくお願いします!
| victor | 2005/12/29 12:14 AM |

友人はCL72,私はCB72ー供時々取り返えっこして走っていた昔。今お世話になっているバイクショップHTSでのツーリングではバリバリ走っています。
某バイク雑誌を見ていましたら,旧車が高額取引されているんですね。驚きました。捨てなければ良かった?!
| パンペ | 2006/01/08 12:58 PM |

パンペさん、はじめまして。
旧車は車種や状態、年式によってはかなりの金額で取引されますよね。
CL72の新車当時の価格が確か198000円だったと聞きますが、今ではそれよりもはるかに高くなっているでしょうね。
もっとも当時の金額は今に換算すると、その値段はかなり高級車なんですが。
| victor | 2006/01/10 3:58 PM |

こんばんは
昔の若人?に聞いてみましたが当時の給料は1万円位だったかなあ,ということでした。
私は現状渡し4万円という中古車を購入しましたが,ずいぶん安い,と思っていたら案の定フロントブレーキとリヤのツインショック?が・・・カネかかりました。
| パンペ | 2006/01/14 12:07 AM |

まあ、旧車だとなにかとお金はかかりますよね。
私も、このオートバイにいくら使ったかなんて考えたくもないです。
まあ、すべて自業自得なんで、笑ってすませていますが。
| victor | 2006/01/14 1:24 AM |










http://victor.jugem.cc/trackback/304
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ