オートバイ少女

少女なんて出てきません。(ごめんなさい)
鈴木翁二の漫画のタイトルを拝借です。
暑い夏の日、陽炎に消えるオートバイのシルエットは、ハイパーでもスーパーでも何でもなくて、ただ遠いあの日の記憶なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヴィンテージMX〜

今度の日曜日、6/19日はACTSが埼玉県川越市モトクロスヴィレッジで開催されます。
いわゆるヴィンテージモトクロスってやつです。
※Air Cooled Twin Shocks(空冷2本サス)の略
第一戦はギャロップFと重なってしまい参加できませんでした。今度は大丈夫。でも、天気はどうなんでしょうね?すっかり梅雨入りした感じですし。
エンデューロみたいな本気モードのレースではないので、雨でコンディションが悪くなると、レースは中止になってしまいます。バーベキューはやるでしょうが。でもせっかく用意して走らないと、ちょっとつまんないので、晴れて欲しいものです。

このレースは基本的には、1980年までの空冷二本サスのバイクが対象なので、私はHONDA MT250エルシノア(1973)で参加。この2,3日、合間を見てようやく保安部品を外したり、ゼッケンプレートを着けたり。でもまだ、タイヤ交換が残っています。これは前日になってしまうだろうなあ。

さて、ACTSですが、いくつかのカテゴリーに分けられて、それぞれ2ヒートでレースします。私が参加するのはノービスクラス(マシンはオープン)と、もし体力に余裕があればセニアクラス(2st 250cc)
でも、セニアは250ccモトクロッサーがバリバリなので、公道用トレールのエルシノアじゃまるっきり歯が立たないです。ライダーも往年の全日本チャンピオンから、ウデに覚えのあるひとばかり。かなり怖い思いをしそう。

まあ一応レースではあるのですが、基本はミーティングということなので、勝ちを狙って目を三角にするひとは来ちゃダメってぐらい。かなりのんびりしたものです。もちろん走り出してしまえば、みんな本気なのですが。

考えてみると、私やとらきちさん、Johさんといったダースペの出発はここがひとつの原点。もともと、ヘンなバイクいじっていたのが、ここから土系に流れていったのでした。しかし、そのままモトクロスの方にはいかずに、エンデューロにいくあたりがへそ曲がり?

去年、生まれて初めてモトクロスコース(ヴィンテージ用の簡単なもの)を走ったときは、ものすごい衝撃で、たった7週のレースが、めちゃめちゃ長く辛かったです。最近エンデューロにでて、その辺の時間の感覚がどう変わっているのか?それが自分では楽しみな点。あれから一年、ちょっとは土の上を走ってきたので、去年よりは走れるかなあ?
でもエルシノアで速く走れっていわれてもねえ・・・

まあ、お祭りなので、楽しくやってきます。
え?写真は何かって?
なんでもないです。なんでも・・・
| victor | HONDA MT250 エルシノア | 16:45 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:45 | - | - |
やっとvictorさんと遊ぶ機会がやってまいりましたね(笑)
で、天気の方は大丈夫そうですよ〜。コンディションがいいとビンテージバイクには楽しいコースです。

で、victorさんはノービスクラスは駄目でしょ(笑)
もう立派な経験者なんですからね。
| yas | 2005/06/16 9:33 PM |

そういえば、yasさんと遊ぶのは相模川以来ですな。

ノービス、ダメっすか?
まだいいでしょ?
っていうか、セニアは過酷すぎです。賞展外とはいえ鈴木トラオさんとか秀明さんとかでしょ・・・。CRとかRMとかバリバリのモトクロッサーばかりなんだもの・・・
そっか、yasさんもブルタコレーサーじゃセニアか。

ちゃんと年式にあったトレールのクラスをつくって欲しいです。
| victor | 2005/06/16 9:55 PM |

秀明さん、僕は整備士講習の同級生で今でも仲いいっす。
あの豪快な人柄はサイコーですね、どの位豪快かと言うと下記の文章からお察し下さいマセ。
今から13年程前の話です、整備士講習の昼休み食後にコンビニへ行って缶コーヒー等買うのが僕らのいつものパターン。
そんないつもの昼休みに僕は缶コーヒーを持ってレジで並んでました、そこへ店内で立ち読み中の秀明さんが「お〜い!ワッタナベ〜」と本売り場から呼ぶではありませんか、年上に呼ばれたらキチンと返事これ常識です。
僕はその常識にのっとり「ハイ何でしょう」と答えました。
でもその後がいけなかった・・・「ワタナベ〜!この本はおケケが見えちゃってるけどいいのか?」と店内に全員に聞こえる豪快な声で聞かれました。
僕が並んでいたレジのオネエサンは大爆笑したいのを相当こらえて下を向きながらクスクス笑ってるし、僕は心の中で「やっぱ返事するんじゃ無かった」と穴があったら入りたい心境でした。
でも僕はそんな秀明さんが大好きですよ、人間的に暖かい方ですしイチライダーとしてあるいはいちファンとしても心から尊敬しています。
| ストラーダ渡辺 | 2005/06/17 1:08 AM |

モトビレ、すぐそばなんですよ〜。応援に行けたら行きますねっ。
スク-タ-に乗って!
| i | 2005/06/17 2:01 AM |

>渡辺さん
伝説ですよねえ。
ある意味、真のレジェンド。豪快すぎます。
あのミーティングは、そういうリスペクトの場でもあるんですね。

>Iさん
都合がよろしければぜひ。
ちょい古めのウェアなんかできめてきてください。
お待ちしております。
| victor | 2005/06/17 10:53 AM |










http://victor.jugem.cc/trackback/226
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
オートバイ少女
オートバイ少女 (JUGEMレビュー »)
鈴木 翁二
オートバイの好きな人が読んでも、全然おもしろくないかもしれません。ガロって何?といわれると、もはや説明もできません。わかるひとにはわかる、というのでもないです。鈴木翁二、読んでみて下さい。
  

このページの先頭へ